グループCSR

GROUP CSR

CSRの考え方

企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会に与える影響に責任を持ち、あらゆるステークホルダーからの要求に対して適切な意思決定をする事。

グループCSR基本方針

誠実な事業活動を通じて人材育成を進め、社会の共通的価値を創造し
社会の持続可能な発展に寄与することを
グループ基本方針として定めます。

  • ・サステイナブル
  • ・CSV(Creating Shared Value)
  • ・コンプライアンス・人材育成

まず「コンプライアンス・人材育成」を根底に据えています。当グループの考える人材育成のテーマには様々なものがありますが、全てをバランスよく身につけていることが土台となると考えるためです。
そして、共通価値の創造「CSV(Creating Shared Value)」を行います。
共通価値とは、グループの各事業会社の手がける事業そのものを指しますが、この共通価値を社会に提供することこそ、我々の指名と考えているからです。そして、それは一時的なものではなく、社会の発展と共に継続させる必要があります。
そこで、サスティナブル(持続可能性)をCSRのゴールに据え、日々取り組んで参ります。

MITホールディングスグループ人材育成テーマ

CSRへの取り組み

1.   企業としての社会的責任を果たします。
2.   企業として成長し続けます。
3.   正しい競争原理を大切にします。
4.   平等の精神を大切にします。
5.   社員が働きやすい環境を作り、社員満足度の向上を目指します。
6.   継続的に経営革新に取り組みます。(経営品質への取り組み)
7.   社会に役立つ製品・サービスを提供します。(製品品質への取り組み)
8.   プロセス品質を透明化します。
9.   営業品質以下の6項目に関するサービス品質の向上を常に追求します。
      正確性 : お客様からの信頼・支持
      迅速性 : お客様期待への応答
      柔軟性 : お客様要望への対応
      共感性 : お客様ニーズの把握
      安心感 : お客様不安の解消
      好印象 : 上記5項目すべての評価向上
10.  コンプライアンスに取り組み、リスクマネジメントを適切に行います。
      ※詳細はグループ理念ページ
11. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行います。
12.  労働安全衛生を守ります。